男の人

七五三は色濃く残そう|家族写真は混雑を避けてテキパキ撮影

子供のお祝いと記念写真

男の子

写真を撮るタイミング

お宮参り、お食い初め、初節句、子供のお祝い行事は準備もあわただしいですが、確実な成長を感じる大切な時間です。中でも子供のこれまでの成長を感謝し、これからの幸福と長寿をお祈りする七五三は成長の一区切りとして特別な一日です。写真スタジオで家族写真を残される方もとても多いと思います。七五三と言えば、11月15日にお祝いするのが本式ですが、今は混雑することを避けるため、また平日では時間の取れないと言う人も多いのでどんどん時期が早まっていています。得に家族写真は子供が夏の間に日焼けしてしまい、せっかく晴れ着が真っ黒日焼けで似合わない・・・と言うのを避けるために夏前に撮るのがちょっとした裏技。この時期だと写真スタジオも混雑が少なく、衣装も取り合うことなく選べます。7歳の七五三ではちょうど歯の抜け替わる時期。前歯のない写真も成長の記録ではありますが、せっかくの晴れ着なら、前歯が抜ける前にかわいい笑顔の写真を、と考える方も多いようです。

賢くスタジオを利用

七五三の時期が迫ってきたらまず考えるのは、やっぱり晴れ着の用意ですね。買うのか、レンタルなのか・・・。今は買うとしても安価な晴れ着も出回っていて、手が出ないほどでもない。とはいえ、安価な晴れ着はやっぱり見劣りしてしまう。じいじやばあばが張り切ってプレゼントしてくれた、と言う家庭もあるかもしれませんが、一度しか着ない着物、と考えると、写真スタジオでレンタルするのが賢いのかもしれません。特に、撮影とは別日にお参りように着物レンタルしてくれるスタジオは本当にありがたいです。家族写真を撮り、なれない着物で疲れたままお参りに直行で、子供の機嫌が悪くなってはせっかくの晴れの日が台無しです。家族写真は夏前から秋口にかけて写真スタジオの混雑しない時期を選んで、お参りは10月か11月のこれも混雑した日を避ける、というのが子供も大人もゆったりと七五三を迎えるいいスタイルなのかもしれません。混雑を避けてテキパキ撮影しましょう。

思い出の一枚を残す

撮影所

大阪でフォトスタジオに足を運べばプロに写真を撮影してもらえます。スタジオであれば夫婦の結婚写真や七五三写真を撮影することもできるのです。七五三は着物の着付けなどが大変ですが、スタジオであれば着付けを行ってもらえます。

読んでみよう

前撮りが増えています

女の子

近年では、七五三の写真撮影は前撮りするご家庭が増えています。夏前ならば、まだ子供も日焼けをしておらず、撮影料金も安く、予約も取りやすいのでおすすめです。撮影当日は子供のご機嫌を損ねないよう注意が必要です。

読んでみよう

成人の記念を作る

着物の女性

成人式という一生に一度しかない晴れ舞台で、記念に写真を残しておこうと考える人は多いです。前撮りが出来るので、写真を撮るにはなるべく時間に余裕を持って早めにフォトスタジオを予約しておくと良いと言えます。

読んでみよう